健康保険

 健康保険に加入している人を被保険者といいます。
 健康保険法では常に一定の従業員を使用する会社などで働く人たちは、すべて健康保険に加入することになっており、みなさんは入社した日から被保険者となり、退職または死亡した日の翌日にその資格を失います。
(任意継続被保険者については 退職後の健康保険をご覧ください。)

 会社に入ったとき、事業主が行います。

---被保険者になれない人---
・臨時に2ヵ月以内の期間を定めて雇用契約される人
(定めた期間を超えて引き続き雇用されるようになったときは、そのときから被保険者となります。)
・日々雇い入れられる人
(1カ月を超えて引き続き雇用される人は被保険者となります。)

健康保険では被保険者だけでなく、下記の条件を満たしてその人に扶養されている家族も加入でき、保険給付が受けられます。

1.被保険者の収入によって生計を維持している。

2.被保険者から見て一定の範囲内の親族(こちらへ)

3.収入の範囲

  • ●年間収入が130万円未満(60歳以上または障害年金の受給要件に該当する程度の障害者である場合は180万円未満)であること。
  • ●被保険者の収入の1/2未満であること。
  • ●被保険者と別居の場合は、その家族の方の年間収入を上回る仕送りをしていること。

4.日本国内に居住していること。ただし、以下は例外
※該当者がいる場合は、国内居住要件の例外届を提出してください。

  • ①外国において留学をする学生
  • ②外国に赴任する被保険者に同行する者
  • ③観光、保養又はボランティア活動その他就労以外の目的で一時的に海外に渡航する者
  • ④被保険者が外国に赴任している間に当該被保険者との身分関係が生じた者
  • ⑤①から④までに掲げる者のほか、渡航目的その他の事情を考慮して日本国内に生活の基礎があると認められる者

※例外的に適応除外として「医療滞在ビザ」で来日した者や「観光・保養を目的とするロングステイビザ(富裕層を対象とした最長1年のビザ)」で来日した者は、日本国内に住所を有しても被扶養認定しない。



 結婚、出産、死亡、就職、別居等で被扶養者が増えたり減ったりしたときは、 「被扶養者異動届」に必要事項を記入して、所属する事業所の事務担当者を経由して健康保険組合に届け出てください。
 届出期限は増減の事由が発生してから5日以内です。届出が発生日より1ヵ月経過してしまった場合は遅延理由書を添付してください。

●被扶養者が増える場合
健康保険組合では、提出された 「被扶養者異動届」「被扶養者現状届」と添付書類をもとに被扶養者としての資格の適否を判断(認定)します。認定のために必要な添付書類は「被扶養者認定添付書類一覧表」をご確認ください。
 また退職により被扶養者となる場合は「退職により被扶養者となる場合の説明書」をご確認ください。
手続きをする前に事業所の事務担当者に相談をして、不明の場合は健康保険組合にお問合せください。
被扶養者認定添付書類一覧表
退職により被扶養者となる場合の説明書

●被扶養者が減る場合
「被扶養者異動届」に、該当する家族の保険証を添付してください。

●短時間労働者への健康保険・厚生年金保険の
 適用拡大について
短時間労働者(パート勤務者など)に対しても健康保険・厚生年金保険の適用が拡大されました。適用拡大の条件は以下のとおりです。
  • 週の所定労働時間が20時間以上
  • 月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)
  • 勤務期間が1年以上見込まれること
  • 学生でないこと
  • 勤務先の従業員数が501人以上(労使の合意がなされれば500人以下でも)
パート勤務者などの被扶養者がいる方は、適用拡大に該当するかどうかご確認ください。


上ヘ
戻る