健康保険

 業務上あるいは通勤途中の事故以外の病気やケガのため会社を休み、給料をもらえないときは、傷病手当金が申請によって支給されます。


1.病気・ケガのため療養中であること
 
自宅療養でもよい。
2.病気・ケガのため仕事につけないこと
3.4日以上会社を休んだとき
 
連続した3日の待期期間の後、4日目から支給。
4.給料をもらえないとき

 給料をもらっていても傷病手当金の額よりも少ないときは、その差額が支給されます。


最長で1年6ヵ月間、その後該当すれば延長傷病手当金付加金として3ヵ月延長。  


1日につき、標準報酬日額の2/3
※傷病手当金の算定基準となる標準報酬月額が支給開始前12ヵ月間の標準報酬月額の平均に変更となり、この30分の1が標準報酬日額となります。付加給付も同様です。

付加給付
 当健保組合独自の「傷病手当金付加金」や「延長傷病手当金付加金」があります。
※資格喪失後の継続給付は対象外。
支給停止(支給調整)される場合
 次の場合は健康保険組合に必ず申し出てください。
・障害厚生年金を受けることになったとき
・退職後で老齢厚生年金が受けられるとき
※但し年金などの額が傷病手当金の額を下回るときは差額を支給します。
傷病手当金請求書」に病気療養のため休まなければならないという医師の意見と、事業主から会社を休んだ証明とその間の給与の支給状況の証明を受け、添付書類を付けて事業所を経由して健康保険組合へ提出してください。
申請までに半年を経過した場合は遅延理由書を添付してください。

上ヘ
戻る