健康保険

  自動車事故をはじめ、第三者の行為で病気やケガをしたときも健康保険で治療が受けられます。
  ただし、この場合できるだけ早く健康保険組合へ届け出ることになっています。
 この届け出を受けて健康保険組合では、被害にあった被保険者または被扶養者が、第三者(加害者)に有する損害賠償の権利を代わって取得し、治療に要した費用を相手方に求償します。
  むずかしい言葉をつかいましたが、他人にケガなどさせた人は法律によって、その賠償責任を負うことになっています。つまり、健康保険組合は本来その加害者が当然負担しなければならない治療費を一時立て替えているわけです
交通事故以外にも、工事現場のそばを通ったとき何か落ちてきてケガをしたり、他人の飼い犬にかまれたときなども該当します。
第三者行為による傷病届」に事故証明書・念書を添付し、健康保険組合へ提出してください。

ご注意
 第三者によって発生した事故の場合は、法律上の問題が絡んできますので、示談をする前に必ず健康保険組合へご連絡ください
 なお、仕事中または勤務途中の交通事故については、原則として労災保険法に基づき処理することになります。ただし、ご自身の役職により適用が異なるなど、判断がむずかしい場合もあるため、事業所の担当者に御連絡ください。

●健康保険証を使って治療をうけるときの流れ
1. 相手(加害者・第三者)について確認する
 相手の住所・氏名・年齢・勤務先・電話番号、自動車の種別・登録番号、自動車所有者の住所・氏名、契約保険会社の名称・保険加入番号など、できるだけくわしく確認してください。
2. 警察に届け出る
 小さな事故でもすぐに警察に連絡し「交通事故証明書」を交付してもらいます(交付には所定の手続きが必要)。
3. 病院で診察をうける
 自己判断せずに必ず病院に行き、医師の診察をうけてください。大したことがないと思っても、後遺症が出る場合があります。
4. 健康保険組合に連絡する(TEL 042-544-1212)
 病院では健康保険組合に申請することを伝え、健康保険を適用するように依頼してください。健康保険組合には「第三者行為による傷病届」を提出してください。



上ヘ
戻る