健康保険

 70歳以上75歳未満の高齢者については、70歳未満の人とは異なる自己負担割合が設定されています。
 なお、75歳以上の高齢者は、後期高齢者医療制度へ移ることになり、そちらで定めた自己負担が設定されています。


 70〜74歳の人は医療費の2割を負担します。ただし、現役並み所得者(標準報酬月額28万円以上)は3割負担となります。
※高齢者医療に係る凍結策により1割に据え置かれていましたが、平成26年4月より70歳になった人から順次、本来の2割負担になります(ただし、平成26年3月31日の時点で70歳以上だった人は今後も1割負担です)。


 70〜74歳の人には、健康保険組合から自己負担割合を記載した「健康保険高齢受給者証」が発行されます。そこには自己負担割合が記載されています。
 医療機関にかかるときには、健康保険証と健康保険高齢受給者証をあわせて提示します。

▲高齢受給者証▲

上ヘ
戻る